定款認証

会社の設立には定款認証が必要です。

株式会社等の会社やその他の法人の設立に際しては、公証人から原始定款(最初に作成する定款)の認証を受けなければなりません。
この場合の認証には、

  • ①文書の定款を認証する方法と
  • ②電磁的記録の定款を認証する方法があります。

②によれば、①による場合に必要な4万円の収入印紙が不要です。設立する会社の本店の所在地を管轄する法務局所在地の公証役場で公証人が認証手続をします。全国どこからでも依頼することができます。詳しい手続は当公証役場までお問い合わせください。

平成30年11月30日から定款認証制度が新しくなります

公証人法施行規則の一部改正により、平成30年11月30日から株式会社、一般社団法人、一般財団法人について定款認証の方式に変更があります。

紙定款の認証は平成30年11月30日認証分より、電子定款の認証は平成30年11月30日のオンライン申請分より提出書類などに変更がありますので、詳しくは「日本公証人連合会ホームページ」をご覧下さい。