尊厳死の意思表示

無理な延命治療を望まないあなたには、「尊厳死の意思表示に関する公正証書」がお勧めです。

だれしも寿命からは逃れられないが、せめて死の直前まで健やかでありたい――多くの方の切実な願望です。近年、不治の病に罹患したり致命的な受傷を負ったときを考えた場合に、 延命治療を望まない方も増えてきています。 万一そのような瞬間を迎えた場合に、ご本人に判断能力と伝達能力があれば、尊厳死の希望を伝えることができます。けれどもそうでない場合、ご家族や担当医に過度の精神的負担を負わせることになりかね ません。 元気なうちに、公証人の面前で苦痛を除去するための十分な処置は受けるが、延命治療は受けない意思を示し、その旨の公正証書に署名押印すれば、後日、希望したとおりの処置を受けられる可能性が極めて 大きくなります。詳細は当公証役場までお問い合わせください。

ケーススタディ