私文書の認証

せっかく作った文書が効力を失わないようにするには、「私文書の認証」を活用するのがお勧めです。

公的機関以外によって作られた文書(私文書)は、作成名義人が作ったものでなければ,内容の真否を問う前に証拠としての価値が認められません。作成名義人が作ったことを文書自体から認めるには、署名押印が作成者自身のものであることから推定するしかありません。また、筆跡や印影は署名押印が作成者のものであることを判定する手がかりにはなりますが、その判別は容易ではありません。 そこで、公証人が、出頭した者と自ら作成者と名乗る者の人違いでないことを確認した上、その者の署名押印を目撃し、または作成者を名乗る者が署名押印を自認するのを聞いて、作成者の文書の作成を証明するのが確実です。詳細は当公証役場までお問い合わせください。

ケーススタディ