法律相談Q&A

遺言編3

Q 親の介護を続けてきた長男と介護をしていない次男。相続分の差をつけたいのですが、どのような遺言をすれば良いでしょうか?
A 親の介護に対する長男の貢献に報いたいとの遺言者の思いと次男の遺留分(法定相続分の2分の1)の確保とを配慮したバランスのとれた分配内容の遺言を作成してください。
  • ①相続人が長男と次男との2人だけのケースを前提にお答えしますが、遺言がない場合には、民法上、長男と次男の法定相続分は、2分の1ずつとなりますから、親の介護を続けてきた長男と介護 をしていない次男との差はありません。もっとも、長男の介護が、親の相続財産の維持や増加に特別に寄与・貢献したと明確に評価できる場合には、長男は、その寄与分相当額を遺言者の相続財産から 控除するように求めて相続財産額自体を争うことができます。
  • ②一方、「長男に全ての財産を相続させる。」との遺言が作成されている場合には、親の介護を続けてきた長男に遺言者の全財産を相続させることができます。しかし、民法上、次男には、遺留分 という最低限度の取り分があり、法定相続分の2分の1つまり全相続財産の4分の1に相当する財産を取得する権利があります。したがって、相続開始後に次男から特に不満がなければ遺言のとおりに 長男が全財産を引き継ぎますが、次男に不満があるときには、次男は、遺留分を侵害された額を確保するために遺留分減殺請求を主張して裁判を起こすことができます。
  • ③ご質問のように親の介護を続けている長男とそうでない次男との相続分に差をつけたいときには、遺言者は、次男にも納得してもらえるように遺留分に相当する全財産の4分の1を下回らない範 囲での財産を次男のために確保し、その残りの次男よりも多くの財産を長男に相続させる分配内容の遺言を作成しておきましょう。このような配慮・工夫のなされた実質的に公平な遺言を作成しておく ことが、後日の紛争を避けるための予防策となりますし、親の介護を続けている長男の尽力にも応えることになるのです。
なお、遺言には、相続争いをさけるために、なぜ法定相続分を変更して長男と次男とに差をつけたのかについての遺言者の思いを書き残しておくことをおすすめします。

(解答者・丸の内公証役場金子良隆公証人:役職は執筆当時)