事実実験

事実実験公正証書とは?

貸金庫の開扉、弁済提供の事実、株主総会の議事、発明の実施状況など、後で事実の状態が争いになる可能性があることについて、公証人が実際に見分し、その事実の見分 (実験) 当時の状態をありのままに記録して残す目的で作成される公正証書です。後の争いの発生を防ぎ、又は紛争の過程で自分の言い分に沿った事実を証拠として残すためのものです。詳細は当公証役場までお問い合わせください。

ケーススタディ