事実実験

書記:
お電話ありがとうございます。丸の内公証役場でございます。
依頼者:
もしもし? 有楽町太郎と申します。先日父が亡くなったのですが、父が残した遺言公正証書では、私が遺言執行者に指定されていました。
父の遺言には銀行の貸金庫に残す動産類については遺言執行者が売却処分して、相続人に遺言書記載の割合で売得金を分けるように書いてあるのですが、売却する前に、貸金庫に入っている動産類を確認して、「相続人間で動産類がもっと他にもあったはずだ」とか言われないようにしたいのです。何かいい方法はないでしょうか。
書記:
そうですね、お客様が貸金庫を開けてもらう権限があるのが前提ですが、開扉するときに、公証人が立ち会ってその内容物を実際に見分し、それを「公正証書」に書き残す方法で疑いや争いを避ける方法があります。これを「事実実験公正証書」といいます。
依頼者:
そうですか。では、そのような方法で公正証書を作成していただきたいと思います。どのように打ち合わせをさせていただけばよいのでしょうか。
書記:
それでは、事前に用意していただく資料をお知らせしておきます。
依頼者:
分かりました。
書記:
では公証人に代わりますので、説明を受けてください。
依頼者:
お願いします。
公証人:
ご利用ありがとうございます。貸金庫開扉の事実実験公正証書の作成の依頼ですね。
依頼者:
はい。よろしくお願いします。
公証人:
書記からお聞きになったと思いますが、必要資料を準備してください。その上で、お客様が公正証書の作成を依頼される理由、嘱託の趣旨といいますが、これを作成していただく必要があります。嘱託書の書き方などはこちらで指導しますから、一度、役場にお越し下さい。そこで、打ち合わせをして、嘱託の趣旨を固めましょう。
依頼者:
よろしくお願いします。ところで、念のためおたずねしますが、代理人により公正証書を作成していただくことはできるのでしょうか。また、手数料はどの程度かかるのでしょうか。
公証人:
代理人でも可能です。お客様の本人が来られる場合は、確認の資料として、普通ご持参いただいている身分証明書は、下記のいずれかになります。
  • ・印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)+実印
  • ・運転免許証+認印
  • ・パスポート+認印
  • ・写真付きの住民基本台帳カード+認印
人違いを避けるために、写真がついていない健康保険証や住民票では、本人確認ができませんのでご了承ください。 上記の本人確認書類は、こちらでコピーをとらせていただいてお返しします。
今回はそれに加えて、以下に挙げる書類全てが必要となります。
  • ・遺言公正証書の写し
  • ・お客様のお父様の除籍謄本
  • ・お客様の戸籍謄本
  • ・お父様の相続人全員が分かる戸籍謄本
  • ・貸金庫契約書の写し
手数料については今度お会いしたときにご説明しましょう。
依頼者:
ありがとうございました。それでは明日の午後一時ごろにそちらに伺おうかと思いますが、大丈夫ですか?
公証人:
大丈夫です。では明日お待ちしております。


・代理人の立て方

・手数料の説明